トップへ戻る

Autoitプログラミング

よくある質問(FAQ)

 

Q1.注意することは?
Q2.DOSコマンドを実行するには?
Q3.プログラムを1つしか起動できなくするには?
Q4.外部のアプリケーションを実行するには?
Q5.注釈を付けるには?
Q6.レジストリを編集するには?
Q7.レジストリを即時反映するには?
Q8.どのようにプログラムを書いていますか?
Q9.最適化とは何ですか?
Q10.ソースコードが長くてコピーが面倒です
Q11.使用しているAutoitのバージョンは?

 

 

ファイルの削除やレジストリの削除をする場合

 

1.必ずバックアップを取ること

 

2.Virtual PC等で確認する

 

3.削除するファイルのパスをMsgBox関数で確認する

 

4.プログラミングをする際に、一時的にファイルをTEMPフォルダに作成しようという方がたくさんいます。

 

しかし、RamDisk等にTEMPフォルダを割り当てているPCでは正しくアクセスできないことがあるので注意が必要です。

 

 

 

Run、RunWait、_RunDos関数を使用します。

 

Run、RunWaitの書き方:

 

 

Run(@ComSpec & " /c " & 'コマンド', "", @SW_HIDE)

 

RunWait(@ComSpec & " /c " & 'コマンド', "", @SW_HIDE)

 

 

頭に@の付くものはマクロと呼びます。

 

@ComSpec は「C:\Windows\System32\CMD.exe」を意味します。

 

 

 

 

ウィンドウが存在するかを判断、存在すれば終了する。

 

 

$Ver = "test"

 

If WinExists($Ver) Then Exit

 

 

 

頭に$の付くものは変数です。

 

コードの説明:

 

変数$Verに文字列「test」代入します。

 

もしも ウィンドウタイトル「test」が存在すれば スクリプトを終了します。

 

 

 

#include

 

_Singleton("test")

 

 

 

コードの説明:

 

既に他にインスタンスが存在する場合、スクリプトを終了します。

 

 

 

 

Run、ShellExecute関数を使用します。

 

 

ShellExecute("explorer.exe");explorer.exeを実行します。

 

ShellExecute("http://autoitjp.zatunen.com/")

 

 

 

 

1.「;」セミコロンを使用します。

 

ShellExecute("Notepad.exe");ノートパッドを開く

 

 

2.#cs と #ce で囲むとブロックコメントを書くことができます。

 

#cs

 

この部分はコメントになります。

 

#ce

 

 

 

 

;指定したレジストリのデータを読み取る

 

$var = RegRead("HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion", "ProgramFilesDir")

 

MsgBox(4096, "Program filesの値のデータ:", $var)

 

 

 

;レジストリキー、値を作成
RegWrite("HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Test", "TestKey", "REG_SZ", "Hello this is a test")

 

 

 

;レジストリのキーまたは値を削除(このコードはキーを削除するコードで、値ではありません)

 

RegDelete("HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE", "TestKey")

 

 

 

 

次のコードを実行します。

 

DllCall("user32.dll","int","SendMessageTimeout","hwnd",65535,"int",26,"int",0,"int",0,"int",0,"int",1000,"str","dwResult")

 

 

 

 

私はまず目的を決めます。

 

そして目的の動作をするようにプログラムを書き、とりあえず完成させます。

 

プログラムが完成したら最適化を行い、追加したい機能があれば追加していきます。

 

最後にすべての動作を確認して作業完了です。

 

 

 

 

私がここで言っている最適化は、肥大化したコードをなるべく小さくなるように編集し、

 

さらにプログラムの実行速度、処理速度などを計測して改善を行うことを言います。

 

 

 

 

簡単なコピー方法をご紹介します。

 

まずソースコードの先頭を選択(クリック)します。

 

次に「SHIFTキー」を押しながらソースコードの最後尾をクリックするとすべて選択されます。

 

 

この方法はソースコードに限らず、WEBページのテキスト、テキストエディタなどでも使用できるWindowsの便利な機能です。

 

現在のページのテキストで試してみてください。

 

 

2016/08/19 現在使用しているAutoitのバージョンは 3.3.11.3 です。