トップへ戻る

Autoitプログラミング

第一章 Autoitの基礎記事一覧

変数、定数

変数、定数変数とは変数とは、データを一時的に記憶しておくための領域です。この変数に固有の名前を付けたものを変数名と呼び、記憶されているデータをその変数の値と呼びます。Autoitで変数名を付ける場合、名前の先頭には必ず「$」を付け、使用できる文字は英数字、アンダーバー(_)のみです。変数値は固定され...

≫続きを読む

 

演算子、マクロ

演算子、マクロに関しては、次のサイトから AutoIt v3(3.3.6.1) のヘルプファイルがダウンロードできますので、参考にしてみてください。http://blog.livedoor.jp/blackcode/archives/1224220.html演算子、マクロは頻繁に使用しますので、何度...

≫続きを読む

 

条件付き命令文

条件付き命令文は、プログラミングにとって重要になります。条件付き命令文がなければ、プログラムを制御することができません。

≫続きを読む

 

関数

関数とは、引数と呼ばれるデータを受け取り、定められた通りの処理を実行して結果を返す一連の命令群を言います。関数の形式は次のようになります。Func autoit("パラメータ1","パラメータ2", ....)コード....EndFuncAutoIt には200以上の関数があり、UDF関数も大量にあ...

≫続きを読む