トップへ戻る

Autoitプログラミング

ドラッグ&ドロップしたファイルのパスを表示

ドラッグ&ドロップ可能なウィンドウを作成し、指定したコントロールにドラッグ&ドロップしたファイルの完全パスを、メッセージボックスで表示します。

 

これを応用すれば、いろいろなツールが作成できると思います。

 

注意することは、$ES_AUTOHSCROLL を指定しないと正しくファイル名を取得できないということです。

 

複数のファイルをドラッグ&ドロップすると、(縦棒)垂直ラインで区切られて表示されます。

 

#include <GUIConstantsEx.au3>
#include <WindowsConstants.au3>
#include <EditConstants.au3>

 

 

$GUI = GUICreate("GUI ドラッグ&ドロップ", 300, 200, -1, -1, -1, $WS_EX_ACCEPTFILES)
$Group1 = GUICtrlCreateGroup("この枠内にドラッグ&ドロップ", 5, 5, 290, 170)
$Input1 = GUICtrlCreateInput("", 10, 20, 280, 150, $ES_AUTOHSCROLL + $WS_DISABLED)
GUICtrlSetState(-1, $GUI_DROPACCEPTED)
GUICtrlCreateGroup("", -99, -99, 1, 1)
GUISetState(@SW_SHOW)

 

While 1
    $nMsg = GUIGetMsg()

 

    Switch $nMsg
        Case $GUI_EVENT_CLOSE
            Exit
        Case $GUI_EVENT_DROPPED
            $dropfile = GUICtrlRead($Input1)
            MsgBox(0, 0, $dropfile)
    EndSwitch
WEnd