トップへ戻る

Autoitプログラミング

Autoitとは

 

 

AutoIt v3はWindowsGUIの自動化と一般的なスクリプト処理を目的として設計されたフリーウェアです。

 

他の言語(VBScriptやSendKeys)では不可能/信頼性の低いタスク自動化のためのキーストロークとマウス動作のシミュレーション、ウィンドウ/コントロール操作を可能にします。

 

AutoIt公式WEBサイト:
http://www.autoitscript.com/site/

 

ドキュメントの日本語訳を行っているサイト(H. Tsubota様):
http://blog.livedoor.jp/blackcode/

特徴

  • BASICに似た言語構造で習得が簡単
  • キーストロークとマウス操作をシミュレート
  • ウィンドウとプロセスの操作
  • 全ての標準ウィンドウコントロールと連携
  • スクリプトをスタンドアローンな実行形式にコンパイル可能
  • グラフィックユーザーインターフェイス(GUI)の作成
  • COMをサポート
  • 正規表現
  • 外部DLLとWindwsAPI関数の直接呼出し
  • スクリプト化可能なRunAs関数
  • 詳細なヘルプファイルと巨大なコミュニティベースのサポートフォーラム
  • Windows 2000 / XP / 2003 / Vista / 2008 / Windows 7 / 2008 R2 で動作
  • Unicodeとx64をサポート
  • デジタル署名されており安心
  • Windows Vistaのユーザーアカウント制御(UAC)の下で動作可能